関西(大阪)から福島(会津)へのアクセス方法を徹底比較

関西に住んでいる方にとって、福島県はちょっと馴染みのない場所だと思います。東北すら行ったことがない方も多いのではないのでしょうか。

福島には歴史、食べ物、景色、どれも素晴らしいものがあり、2020年には東京オリンピックの野球・ソフトボール競技が福島市で行われます。

いざ、関西から福島に行こう!!と思い立っても、どの交通手段がベストなのか迷う方も多いはず。今回は、元大阪在住の筆者が、関西(大阪)から福島(会津)までの交通手段を飛行機・新幹線・深夜バス・車の4つで比較してみました。

そもそも福島・会津はどこ?

そもそも福島・会津がどこにあるのかご存知ですか?恥ずかしながら、私はなんとなく東北の下の方くらいとしか認識していませんでした。。。

福島・会津若松はここです。「山形・宮城」の南、「新潟」の東、「栃木・茨城」の北です。こうしてみると、会津は内陸の方、新潟に近いというのがわかります。この新潟の近くというのがちょっとポイントとなってきます。それでは交通手段を比較してみましょう。

①飛行機(伊丹ー福島空港ルート)

大阪ー福島間は最速!! 早めの予約でお得に

飛行機で福島に行く場合、伊丹空港から福島空港に向かうルートがあります。この福島空港は、チャーター便などを除けば、伊丹空港か新千歳空港、2つの空港の発着のみ。せっかく福島への直行便があるので、関西にお住まいの方はこれを使わない手はありません。

飛行機を使う最大のメリットは、フライト時間の短さです。その時間なんと1時間!! 空港までのアクセスや、搭乗手続きの煩わしさはありますが、それでもこの短さは魅力的です。

では大阪から会津まで、どのくらいの時間と費用がかかるのか見てみましょう。

 

大阪駅を午前9時に出発したとして、会津若松駅に到着するのは午後2時20分となります。どうでしょう?「思ったよりは早い」という感じではないでしょうか?バスでの移動が多いものの、やはりフライト時間が約1時間というのが大きいですね。

※フライトやバスの時間は時期により変動する場合があります。

次に料金です。トータルで大人片道20,000円前後、まぁこんなもんかといった感じでしょうか。合計料金に5,000円程度の幅があるのは、日程や予約時期による変動分です。

伊丹空港からは基本的にANA(IBEXとのコードシェア便含む)のみで、今回は旅割(2018年10月28日からANA SUPER VALUE(スーパーバリュー)に名称変更)を適用しています。通常運賃ですと片道30,000円以上の航空券になりますので、少なくとも割引が適用になる21日前までに予約することが前提です。一番割引率の高い旅割75なんかだと、片道12,000円くらいの航空券もあります。

格安航空券でもっとお得に!片道6,000円の便も!

飛行機を利用することのメリットのひとつに、格安航空券を使えることがあります。某航空券比較サイトで検索してみると、片道6,000円、往復12,000円なんて航空券が普通に売っています。大阪ー東京間の片道新幹線代よりも安い金額で福島を往復できるなんですごい時代ですよね。

格安航空券のからくりは私も詳しくはわかりませんが、代理店が事前にごそっと大量に座席を確保し、あまり人気のない日程や座席を格安で販売するというものらしいです。ですので朝早い便や、逆に遅い便しかなかったりすることもあります。

また、海外の代理店のものが多く、手続きは英語のみだったり、キャンセル対応などでトラブルも起きているようです。ご利用の際は十分ご注意下さい。

アクセスはあまり良くない

もちろんデメリットもあります。

まずは空港へのアクセスの悪さ。伊丹空港へ行くのも面倒ですが、特に福島空港は電車が通っておらず、公共の交通機関はバスのみ。福島の交通の要である郡山駅まで高速バスで40分移動することになります。空港での搭乗手続きもちょっと煩わしいですよね。

また、飛行機の本数も1日4本程度とそんなに多く就航していません。新幹線に比べて時間の融通は利かないと思っていいでしょう。

 

以上が大阪から福島・会津への、飛行機(伊丹ー福島空港)を使ったルートの紹介です。以下、実際に飛行機で大阪から会津へ向かったときの記事になりますので参考にしてください。

●フライトは1時間!! 関西(大阪)から福島(会津)へ、飛行機での行き方


●飛行機(伊丹ー福島空港ルート)のメリット

  • 総移動時間は最速(おそらく)
  • 早期割引や格安航空券を使えば新幹線よりお得な場合も
  • マイルが貯まる

●飛行機(伊丹ー福島空港ルート)のデメリット

  • 乗り換えが多い
  • 空港へのアクセスが悪い
  • 便の数が少なく、時間の融通が利かない

 

②飛行機(関空ー新潟空港ルート)

飛行機で福島・会津へ行く方法は、伊丹ー福島空港だけではありません。ちょっと変則的になりますが、関空もしくは伊丹空港から新潟空港まで飛行機で行き、新潟空港からバスで会津まで向かうというルートがあります。

新潟空港と会津の距離は?

新潟空港は、新潟県の北の方、新潟市にあります。会津若松から見るとどうでしょう?福島空港からとさほど距離は変わらないように見えます。こちらのルートも検証してみましょう。

関空ー新潟空港間はLCCが就航。なんと片道2,000円〜

2018年3月1日から、関空ー新潟間にLCCのピーチ・アビエーションが就航しました。1日往復1便のみですが、機内持ち込み手荷物のみ、予約変更不可などのシンプルピーチを使えば平日だと片道2,000円ちょっとで行ける日もあります。2018年10月時点で、関空から新潟空港へは、ピーチ以外は就航していません。

まずは関空ー新潟空港ルートから見てみましょう。

こちらもフライトは約1時間です。大阪駅を9時に出発したとして、会津若松に到着するのが16時過ぎ、約7時間の移動時間です。伊丹ー福島空港ルートよりもちょっと時間がかかります。ただ、これはあくまでも大阪駅を始点としているので、関空の方が近いという方はこちらのルートの方が良いかもしれません。

一番のメリットは料金の安さ! LCCを使うので、平日の閑散期にシンプルピーチを使えば片道6,000円程度で会津若松まで行けてしまう計算です。週末の料金が高い便でも1万数千円で行くことができます。

伊丹ー福島空港間を格安航空券で行くのと大差なく、格安航空券はちょっと不安という方も、座席の狭さなどが我慢できるならLCCの方が安心です。

ただ、関空ー新潟空港は1日1便しかなく、新潟駅から会津若松へのバスも1日に4便しかないので注意が必要です。

●新潟駅から会津若松までの時刻表はこちら(会津バス)

●飛行機(関空ー新潟空港ルート)のメリット

  • LCCを使うので繁忙期や週末を避ければかなりお得
  • 関空の近くにお住まいの方にとっては便利
  • 新潟観光もできる

●飛行機(伊丹ー福島空港ルート)のデメリット

  • 乗り換えが多い
  • 空港へのアクセスが悪い
  • 飛行機やバスの便が限定的で、時間の融通が利かない

 

③飛行機(伊丹ー新潟空港ルート)

では、伊丹空港から新潟空港へ行く場合はどうでしょう?

伊丹空港から新潟空港へはANAとJALが就航していて、2つ合わせて10便ほど就航しています。それでは検証してみましょう。

新潟駅から会津若松へのバスの時間を考慮し、大阪駅を10時発としました。総移動時間は約6時間、伊丹ー福島空港ルートよりもちょっとだけ時間がかかります。料金はほぼ同じですね。もちろんこちらも早割や格安航空券を使ってお得に行くことができます。

飛行機の数が1日10便と多いので時間の融通が利きそうですが、先程お伝えしたように、新潟駅から会津若松へのバスは1日に4便しかないので注意して下さい。

新潟駅から会津若松までの時刻表はこちら(会津バス)

つまり、伊丹から出発する場合は、福島空港 or 新潟空港のどちらのルートでも大きな差はないので、出発時間に合わせてお好きなルートを使うのが良いかと思います。伊丹ー新潟間は、JALも就航しているので、JALが好き!JALのマイルを貯めている!という方はバスの時間に注意しながら利用してみてはいかがでしょうか。

●飛行機(伊丹ー福島空港ルート)のメリット

  • 移動時間はまずまずの早さ
  • ANAだけでなくJALも利用できる
  • 早期割引や格安航空券を使えば新幹線よりお得な場合も
  • 新潟観光もできる
  • マイルが貯まる

●飛行機(伊丹ー福島空港ルート)のデメリット

  • 乗り換えが多い
  • 空港へのアクセスが悪い
  • 便の数が少なく、時間の融通が利かない

 

空港からはレンタカーという方法も

飛行機ルートに共通するデメリット、空港からのアクセスの悪さを解消する方法がレンタカーです。福島・新潟両方の空港でレンタカーを借りることができ、バスで乗り継ぐことなくそのまま会津へ向かうことができます。バスの時間も気にしなくて済みます。

また、会津地方は見所がたくさんあり、面積も広大です。会津若松・七日町周辺の観光だけでしたら公共交通機関で十分ですが、大内宿を見たい!五色沼を散策したい!喜多方ラーメンも食べたい!となると、限られた日程ではレンタカーがあるととても便利です。レンタル料はかかりますが、バスの交通費は浮きますし、みんなでお金を出し合えば負担は少なくなります。ぜひ検討してみて下さい。

福島空港内のレンタカー会社一覧

 

④新幹線

とにかく移動が楽チン!

陸路で行く場合のオススメはやっぱり新幹線です。新大阪駅や京都駅から乗れるのでアクセスが良く、乗り換えも東京駅で東北新幹線に乗り換えるだけで郡山駅まで運んでくれます。飛行機のように面倒な搭乗手続きもなく余計な煩わしさがありません。ではどのくらいの料金と時間がかかるのでしょうか?

総移動時間は6時間ちょっと。飛行機(伊丹ー福島ルート)よりも1時間弱かかる計算で、まずますの早さ。料金は2万円を超えます。

本数が多く、スケジュールが調整しやすい

新大阪ー東京間は、約10に1本、東京ー郡山間は約15〜20分に1本のペースで運行しています。飛行機のように本数が限られていないので好きな時間に出発でき、スケジュールが調整しやすいのもメリットのひとつです。

難点は、飛行機のようにチケットがあまり安くならないこと。事前のネット予約や金券ショップへ行ったとしても1,000円〜2,000円の割引が限界かと思います。格安航空券やLCCのような割引率は期待できません。

ただ、直前に旅行を計画する場合、飛行機はほぼ通常料金となり、むしろ新幹線より高くなることが多いです。その点、新幹線の料金は直前でもあまり変わらないですし、何より移動のしやすは大きなメリットです。できるだけ体力を使いたくない場合や、直前に旅行を計画する場合は新幹線がおすすめです。

●新幹線のメリット

  • 移動時間はまずまずの早さ
  • アクセスがよく、移動が楽
  • 列車の本数が多く、スケジュールの調整がしやすい

●新幹線のデメリット

  • 料金は割と高め。

 

⑤深夜バス

夜寝ている間に目的地まで移動してくれる深夜バス。お金を節約したい方の味方というイメージがあります。大阪ー東京間などはよく聞きますが、会津までとなるとどうでしょう?

乗り換えが少なく、朝から観光できる

深夜バスもまずは郡山駅を目指すことになります。数は限られていますが、大阪ー郡山間の直行便のルートで紹介します。東京で乗り換えでもよければかなり本数は増えます。

深夜バスのメリットは、乗り換えが少ないこと。大阪駅周辺からバスに乗れば、一気に郡山まで運んでくれます。また、現地到着が朝9時なので観光する時間がたっぷりとれます。弾丸旅行だけど、できるだけ観光したいという方には良いかもしれません。

長時間の移動はやはり大変。。料金もさほどお得ではない?

総移動時間は12時間40分。結構長いですね。夜寝ている間の移動とはいえ、車中にこれだけの時間いるのは大変だと思います。車中でぐっすり寝れる方はいいかもしれませんが、会津につく頃にはクタクタです。

料金は約1万3,000円。新幹線よりは8,000円ほど安くなりますが、飛行機をLCCや格安航空券で行く場合よりも高くなります。料金の安さが魅力の深夜バスも、ここまで長距離移動となるとダントツに安いわけでもないようです。

●深夜バスのメリット

  • 現地に朝早く到着する
  • 乗り換えが少ない

●深夜バスのデメリット

  • 長時間の移動で疲れる
  • それほど安くない

 

⑥車(マイカー or レンタカー)

最後に自分の車(もしくはレンタカー)で会津へ向かう場合です。さすがに車は大変じゃない?というイメージがありますが見てみましょう。

日本海ルートがオススメ!

大阪から福島・会津へ向かう場合、東京を経由して東北自動車道で福島へ、というルートを想像しがちですが、会津は新潟に近いので、飛行機のときのように新潟を経由するルートもあります。名神高速→北陸自動車道→磐越自動車道を通る日本海ルートで、ノンストップだと約8時間といったところです。

なぜこちらのルートがオススメなのかというと、大阪→東京→会津ルートよりも距離が約100km短く、道路も比較的空いているから。移動時間が短くなり、ガソリン代もその分浮くので効率的です。

大人数で行けば最安!交代で運転すればさほどつらくない

まず高速料金。休日や深夜割の有無、車種などで料金は変動しますが片道10,000〜15,000円くらいです。+ガソリン代が約7,000円(15km/Lの普通車、1L/150円で計算)くらいで、合計約17,000円〜22,000円になります。

例えば4人で移動した場合、一人あたりの交通費は4,000円〜5,000円程度の計算になります。みんなで交代で運転したら一人あたり2時間の運転。なかなか現実的な数字ではないでしょうか。

実際、私も大阪から車で向かったことがあります。その時は妻と二人で交代しながら運転し、休憩をはさみながらトータルで9時間かかりました。ちょっと疲れましたが、意外にいける!という感じでした。

車で観光できる!

これは大きなメリットです。現地でのレンタカーが必要なく、もちろんその分の費用が浮きます。先程説明したとおり、会津をいろいろ回って観光したいのであればレンタカーは必須。道中もみんなでわいわい楽しめるのもいいですよね。

移動で1日潰れてしまう…。

デメリットは、移動時間の長さ。なんだかんだ、休憩をはさみながらの移動になると思うので、9〜10時間はやっぱりかかってしまいます。朝に出発しても到着は夕方〜夜にかけてとなります。交代で運転しても体力と神経を使いますし、1日目は現地で何もしないつもりで行動したほうがよさそうです。

もちろん帰りも移動で一日潰れてしまうので、余裕を持った日程で旅行するのがいいと思います。

大人数で行く!日程に余裕がある!いろんな場所を観光したい!でも安く済ませたい!という方は車で行くのがいいかもしれません。

冬期の旅行の際は要注意

会津は豪雪地帯で、12月には雪が積もり始めます。道中も高速道路とはいえ山の中を通るので道路が凍結したり、ホワイトアウトを起こしたります。雪道に慣れていない方は、冬の時期は公共交通機関を利用して下さい。

●車のメリット

  • 大人数でいけば安い!
  • そのまま車で観光でき、現地でレンタカーの手配が必要ない
  • 移動時間をみんなでワイワイ楽しめる

●車のデメリット

  • 移動で一日潰れる
  • 運転が疲れる
  • 冬期に車で向かうのは避けたほうが無難

 

まとめ:結局、どれが一番オススメ?

飛行機・新幹線・深夜バス・車の4つについて長々と説明しましたが、じゃあどの方法が一番オススメ?と言われると、、、すみませんがひとつに絞ることはできません。予算、お住まいの地域、旅行の時期、人数、年齢、観光したい場所、車の有無などなど、いろんな要因で変わってくるからです。

状況に応じて、オススメするとすれば


●移動時間は短く、お手頃な費用で!

→①②③飛行機(伊丹か関空にするかはお住まいの地域次第)


●多少費用はかかってもいいから、とにかく楽に移動したい!

→④新幹線


●日程が限られていて、朝から現地で行動したい

→⑤深夜バス


●車を持ってて、大人数で楽しく、とにかく費用を抑えたい!

→⑥車


おおまかに分けるとこんな感じだと思います。ちなみに私は、いつも①飛行機(伊丹ー福島空港ルート)早割格安航空券で利用しています。

●フライトは1時間!! 関西(大阪)から福島(会津)へ、飛行機での行き方

 

ぜひみなさん、この記事を参考に会津旅行を計画してみてください。