会津土産を買うならココ!七日町通りでぶらりお土産散歩旅

会津城下町の中心、七日町通り。「なのか」町ではなく「なぬか」町と読みます。毎月7日に市が開かれていたことからその名がつけられたのだとか。大正ロマンあふれる七日町通りは、観光客に人気のスポット。歩いて回るだけでも十分楽しめますが、その中で今回はお土産に最適なお店をご紹介します。

スタートは七日町駅。駅の中にお土産店

スタートは七日町駅から。JR只見線で、会津若松駅から1駅です。

駅舎はとても風情がある建物ですね。

早速、駅舎の中にお土産店が。会津の特産品を扱っているアンテナショップです。小さなカフェも併設されていて、電車を待っている間に十分楽しめることができます。食べ物から工芸品、雑貨までいろんなお土産を取り揃えているので、時間がないときや、買いそびれた時などはとても便利です。


〒965-0044 福島県会津若松市七日町5-1

【電話番号】0242-39-3880

【営業時間】9:00~18:00 【休業日】元旦

可愛くてオシャレ。ガラスでできた会津漆器「工房 鈴蘭」

七日町駅前の通りから、会津若松駅方面へ歩いていきましょう。進行方向右手に可愛らしい建物が見えてきました。会津漆器のお店「工房 鈴蘭」です。

漆器といっても、木でできた器ではなく、なんとガラスに漆を塗っています。普通に塗っただけではすぐ剥がれてしまうので、特別な技法を使っているそう。グラスやお皿、おちょこや箸などいろんな漆器を販売していて、デザインや色使いも普通の漆器にはない斬新なものばかり。会津木綿で作ったコースターも販売しています。

グラスはひとつ2,000円前後からとお求めやすいですよ。


〒965-0044 福島県会津若松市七日町3-29

【電話番号】0242-85-6654

【営業時間】平日(火~金)13:00 - 17:00土日・祝日 12:00 -17:00

【休業日】月曜日(祝日の際は、翌日)、年末年始

【ホームページ】http://suzuran-aizu.com/

会津木綿専門店「もめん絲(いと)」

少し歩くと、右手に昔ながらの落ち着いた雰囲気のお店が。こちらは地元の特産品・会津木綿の専門店「もめん絲(いと)」です。

お店では、会津木綿を使った手作りのカバンや服、小物入れなどを販売しています。反物も販売していて、1m×50cmで800円くらいです。

こちらで購入した反物を使って、お義母さんに弁当袋を作ってもらいました。会津木綿は、糸を染めてから反物にするので色落ちがしにくく、丈夫に作られているので、長い間きれいなまま使うことができるのでオススメです。


〒965-0044 福島県会津若松市七日町3-31

【電話番号】0242-27-8079

【定休日】木曜日

名物「きんつば」を食べ歩き。「太郎焼総本舗」

「もめん絲(いと)」からさらに歩き、交差点を渡って少しのところにある、会津名物「きんつば」のお店「太郎焼総本舗」。まだスタートしたばかりですが、小腹が空いたのでちょっと休憩します。

きんつばというと、私はあんこを寒天で固めたものを想像してしまうのですが、会津できんつばといえばこれ。いわゆる大判焼きや今川焼きのことをきんつばと呼ぶそうです。太郎焼総本舗ではこのきんつばを「太郎焼き」と表現していて、さらにそれを油で揚げた「あげ太郎」も販売しています。

私のおすすめは、「あげ太郎」の小倉。カリカリに揚がった生地に、ほくほくのあんこのバランスが絶妙です。カレーやチーズなどの変わり種もあります。

中はカフェになっていて、こちらでゆっくりすることもできますし、もちろんテイクアウトもできます。観光に疲れたらこちらで休んでみてはいかがでしょうか。

太郎焼きだけでなく、シュークリームやかき氷も販売していますよ。


〒965-0044 会津若松市七日町8-10

【電話番号】0242-24-7911

【営業時間】10:00~19:00 【定休日】なし

寛政6年創業。会津中将などの名酒を醸す「鶴乃江酒造」

全国的に有名な酒処として知られている会津。その中でも昔ながらの手作りの製造方法にこだわり、大量生産をせず、丁寧にお酒を作っている「鶴乃江酒造」。太郎焼総本舗からすぐのところにあります。

出典:会津若松観光ナビ

「会津中将」や「ゆり」といった会津を代表するお酒がずらり。もちろん店頭では試飲をすることができますよ。

〒965-0044 会津若松市七日町2-46

【電話番号】0242-27-0139

【営業時間】9:00~18:00 【定休日】元旦

【ホームページ】https://www.tsurunoe.com/

会津味噌の老舗「満田屋」

鶴乃江酒造からさらに歩みを進め、コンビニのある十字路を右折すると、会津味噌の老舗「満田屋」が見えてきます。味噌、田楽の大きな暖簾が目印です。

店内は味噌だけでなく、味噌を使った加工品がずら〜り。お店に入った瞬間から味噌のいい香りが漂ってきます。

店内には味噌田楽をいただけるお店が併設されています。会津味噌は赤味噌がベースになっていて、そこに砂糖やいろんな薬味を加えた味噌ダレを豆腐やこんにゃくにつけた田楽でいただきます。

いろんな味噌漬けがあって、試食もできます。気に入ったお味噌をお土産で買ってみてはいかがでしょうか。

〒965-0042 会津若松市大町1-1-25

【電話番号】0242-27-1345

【営業時間】10:00~17:00(田楽お食事16:50ラストオーダー)

【定休日】【1~3月】毎週水曜日【4~7月、9~11月】第1・第2・第3水曜日【8月、12月】第1・第3水曜日/大晦日・元旦休

【ホームページ】http://www.mitsutaya.jp/

創業300年の伝統的な漆器店。あの漫画の神様も絵付けを体験

お土産散歩の終点は会津漆器の超老舗店「白木屋漆器」。会津で最も古い漆器を扱うお店です。お店の外観からして、かなりの歴史を感じます。

店内には、会津漆器を象徴するような、絢爛豪華な漆器がずらりと並んでいます。

さすが300年の歴史を持つ漆器店。会津漆器の製作工程を伺える資料館も併設されています。当時の技法を学べる大変貴重な場所です。

2階へあがるとビックリ!まるで博物館のように、ありとあらゆる会津漆器が並んでいます。こちらの漆器は展示してあるだけでなく、全て実際に購入可能な商品。会津漆器の技術の粋を結集した、素晴らしい商品が並んでいます。

奥にあるこちらの応接間、なんとあの漫画の神様・手塚治虫氏が訪れ、実際に絵付けを体験していきました。向かって左側のソファに、手塚先生が座ったそうですよ。見学は無料ですので、ぜひ会津漆器の魅力に触れてみてください。

〒965-8691 会津若松市大町1-2-10

【電話番号】0242-22-0203

【営業時間】9:00~17:30

【定休日】年末年始および1~3月の水曜日

【ホームページ】https://www.shirokiyashikkiten.com/

お昼はぜひ、会津の郷土料理「わっぱめし」を

せっかく七日町に来たのなら、会津の郷土料理「わっぱめし」を食べていって下さい。七日町には会津を代表するわっぱめしの名店「田季野」と「田事」があります。どちらも人気店ですのでご来店の際は予約をしてからお越しください。

●会津の郷土食「わっぱめし」を食べに田季野へ行ってきました!

元祖輪箱飯(わっぱめし)割烹・会津料理 田季野

■営業時間
午前11時〜午後8時(ラストオーダー)
年中無休

TEL : 0242-25-0808
FAX : 0242-25-0809

 

●会津の行列店へ行く-その3 「料理旅館 田事」の「めっぱめし」

〒965-0043 福島県会津若松市城北町5-15
TEL 0242-24-7500(代) FAX 0242-24-9182

【お食事】
昼 11:30~14:00(13:45 ラストオーダー)
夜 17:30~21:00(20:30 ラストオーダー)
・予約優先 ・不定休

 

以上、筆者がオススメする七日町のお土産店でした。ぜひ、参考にしてみてください。