ハリー・ポッターの世界「ブリティッシュヒルズ」で日帰りティータイム

福島県・天栄村の山中にある、中世イギリスの街並みを再現したリゾート施設「ブリティッシュヒルズ」。“パスポートのいらない英国”をコンセプトに、敷地内いたるところでイギリスの雰囲気を味わえます。

宿泊者じゃなくても施設内を見学できるので、今回はイギリスの雰囲気を楽しみつつ、アフタヌーンティーをいただいてきました。

※天栄村は会津ではないのですが、会津に隣接していますし、素晴らしい施設なので今回、紹介させていただきます。

忠実に中世イギリスの街並みを再現

ブリティッシュヒルズは、羽鳥湖高原にあり、スコットランドに近い風土とされています。もともとは英語を学ぶための語学研修のための施設としてスタートしたのですが、現在はリゾート施設として運営されています。

海抜1,000m、7万2,000坪の広大な敷地面積をもち、建物だけでなく周りの風景そのものがまるでイギリス。たまたまでしょうが、この日の天気も曇りで、よりイギリスらしさを演出してくれました笑

10月下旬にお邪魔したので木々が色づいていました。敷地内にはマナーハウスやゲストハウス、ティールームにパブ、英国式庭園、テニスコートなどがあり、ひとつの街になっています。

大砲がお出迎え。中世イギリスらしいですね。

こちらはローズガーデン。一足遅かったようで、ほとんど咲いていませんでした。残念。。。

マナーハウスの外観。石造りの豪華な建物です。修学旅行生たちが見学に訪れていて、ホグワーツ魔法魔術学校さながらでした。中に入ってみましょう。

英国貴族の豪華な生活を体験

中に入るとその豪華さにびっくり!建築資材は本場イギリスから取り寄せているそうです。建築様式も、当時の時代をしっかりと考証し、イギリスの大工が仮組みをしてから日本に持ち込んでいます。

こちらは1階のレセプション。マナーハウスでは見学ツアーが行われており、約40分、ガイドの説明を受けながら館内を回ることができます(大人600円、子ども300円・宿泊者は無料)。

ブリティッシュヒルズには、多くの外国人スタッフがいます。できるだけイギリスの文化に触れてもらおうという理念から施設内では英語が飛び交い、マナーハウスの見学ツアーも基本的に英語での説明となります。もちろん予め伝えておけば日本語でも対応してくれます。

ドラマのロケ地としても

マナーハウスの2階部分は見学ツアーに申し込まないと見学できません。2階が貴族の居住区とされているので、さらに豪華なスペースとなっています。写真は掲載しませんので、実際に足を運んで、その目で体験していただくか、以下のホームページをご覧ください。

●ブリティッシュヒルズ公式HP

また、2階はドラマ「花より男子」のロケ地になっています。ファンの間では有名な話みたいですね。

こちらはリフェクトリーと呼ばれる場所で、いわゆる食堂です。ハリー・ポッターなんかでよく目にしますね。こちらでは本格的な英国式のディナーがいただけます。日帰りの食事でもOK(前日までに要予約)。ドレスコードですよ。

外の廊下を抜けるとイエショップと呼ばれるお土産店があります。

この日はハロウィンのイベントが行われていました。店内がハロウィン一色です。上と下の階にも商品があり、結構な大きさ。マントも売ってましたよ。

スタッフも仮装してました。

ブリティッシュヒルズのマスコット犬「ラブ」に別れを告げ、マナーハウスを後にします。

本格的なアフタヌーンティーをいただくことに

マナーハウスから少し歩くと、アスコットと呼ばれるティールームがあります。赤い電話ボックスが目印。こちらでアフタヌーンティーをいただきましょう。

こちらも立派な造りです。1階がティールーム、2階は英語でのクラフトレッスンが行われています。

店内の様子。落ち着いた雰囲気で、家具もおしゃれです。

スタッフとの会話はすべて英語!

メニューはこんな感じ。全部英語!お金の単位も£(ポンド)です。でもご安心を。ちゃんと日本語のメニューもあります。支払いも日本円でOK。1ポンドは100円で換算します。

注文をとりに来たスタッフは外国の方。慣れない英語にあせあせ。。。妻が英語を喋れるので助けてもらいました。でも日本語でも通じると思います、たぶん。

私が注文したのはスコーンと紅茶がセットになった「クリームティー(1,250円)」。カップや皿が素敵ですね。ほかほかのスコーンを濃厚なクリームにつけて食べると最高です。

こちらは妻が注文した「キッシュ(1,000円)」。卵のふわふわ感が絶妙です。

大きなポットでお湯をもらうことができます(無料)。お湯を足せば2杯、3杯と楽しむことができます。たくさん飲みたい方や、1杯目は渋いと感じた方にはオススメ。ごちそうさまでした。

イギリス国旗がお見送り。今度は宿泊で来てみたいですね。

ブリティッシュヒルズへのアクセス

JR新白河駅からブリティッシュヒルズへ無料の送迎バスが出ています(完全予約制・前日の17時までに予約)。1日に片道4便、往復8便です。

車で向かう場合は都心から約2時間30分の立地。会津若松市からは車で約60分なので、会津から少し足をのばして訪れてみてはいかがでしょうか。

〒962-0622

福島県岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-8

0120-131-386 [受付時間 9:30~18:00]

TEL:0248-85-1313

FAX:0248-85-1300