大阪〜福島間の飛行機が片道6,000円〜!しかもANA!格安で福島に行ってみた

福島県は食べ物が美味しく、美しい自然に囲まれ、歴史情緒あふれる魅力的な場所です。そんな福島へ行こうと思ってもネックになるのは交通費移動時間。今回は、元大阪在住の筆者が、大阪〜福島間を飛行機で、嘘みたいな金額、かつ便利に行く方法を教えます。全く怪しくないちゃんとした方法ですよ笑

飛行機が片道6,000円〜!ネットから予約するだけ

その方法とは超シンプル。ネット予約するだけです。

「えっ、飛行機がそんなに安いわけないよ…」「期間限定のセールなんじゃないの?」「どうせ人気のない日程なんでしょ…。」という声が聞こえてきそうですね。実際、例えばANAのサイトから予約をしようとすると、早割を使ったとしても安くて片道15,000円程度、繁忙期だともっと高くなります。メジャーな航空券比較サイトの「Skyticket」とかでも片道13,000円が精一杯といった感じです。ではどこで見つければよいのでしょうか?

Skyscannerを使おう

その方法とはズバリ、「Skyscanner」という航空券比較サイトを使うことです。もしかしたら聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。筆者も存在は知っていましたし、1回だけ海外旅行をするときに利用しました。

ヨーロッパの会社が運営しているサイトで、かなりの大手みたいなのですが意外と知られていません。サイトのデザインなどを見る限り、なんとなく海外サイトのようなイメージがありますが、国内旅行でも利用できます。

スカイスキャナー

試しに大阪〜福島間をまずは片道で検索してみましょう。今回は人気の時期のクリスマス前、2018年12月21日(金)に出発で検索してみました。検索した日は、大体1ヶ月くらい前です。

…なんと、片道6,728円!

一瞬目を疑いたくなるような金額です。出発時間もいろいろ選べます。さらに飛行機はLCCではなくANAです!(福島空港にLCCは就航していないので当然ですが)

次は大人2人・往復で検索してみました。
往復で12,391円片道じゃないですよ!
その下にある価格合計が二人の合計で、24,782円なので、一人あたりの片道は約6,000円です!人数が増えたり、往復にするとさらに安くなるみたいですね。

〈行き〉12月21日(金)〜〈帰り〉24日(月・祝日)というクリスマスと三連休を含む年末なのに、この価格帯!信じられないような金額ですが、本当です。

ちなみに新幹線で移動した場合、新大阪〜福島(郡山)間の料金は、大体20,000円弱(片道/大人1名)くらい。その差は歴然ですね!

スカイスキャナー

試しに購入してみました

かなり疑心暗鬼になりつつ、試しに購入してみることに。航空券比較サイトなので、いろんな予約サイトが候補として挙がっています。どれも安いですが、今回はその中でも一番安い「My trip」というところで購入すること決めました。聞き慣れないサイトですね…。

サイトへ移動するので、必要事項を入力していきます。海外サイトだからなのか、途中でパスポートの番号を求められます。国内旅行なのに??とは思いつつも、番号を入力しました。

また、席のアップグレードや手荷物の追加など、いろいろとオプションを勧められますが、基本無視しましょう。というのも、ANAなので、LCCに比べて席はゆったり、手荷物の量も結構余裕があるはずなので、あまりオプションをつける必要もないでしょう。

支払いは基本的にクレジットカード決済のみ。サイトによっては決済手数料を取るところもあるので候補にあがった中でいろいろと比較してみてください。

購入後、「My Trip」から確認のメールが届きます。注意しなければならないのがあくまで申し込み確認メールなので、まだフライトが完全に確定したわけではありません!大体24時間以内にもう一度メールが来て、そこに13桁のe-チケット番号が記載されているのを確認するようにしましょう。この13桁の番号がとても重要です。

【購入時のまとめ】
・パスポート番号(もしくは運転免許証番号)は一応記入
・オプションは基本無視
・クレジット決済の手数料に注意
・13桁のe-チケット番号の確認を忘れずに!

本当に予約できているか?飛行機に乗ってみよう

出発日当日。ちゃんと予約できているかな…という不安を抱えつつ、搭乗手続きをしてみます。今回は伊丹空港にあるANAの自動発券機でチケットを発券することに。「不安なら、窓口でやればいいんじゃないの?」と思う方もおられるでしょうが、個人的には自動発券機を使う方がオススメ。その理由は後述します。

まずは「確認番号またはeチケット番号」のボタンを押します。

ここに先程説明した13桁の国際航空券番号を入力します。おそらく海外のサイトを経由しているので国際航空券扱いなのだと思います(パスポート番号を求められたのもたぶんそれが理由かと)。あとは案内にしたがって搭乗者情報を入力していきましょう。座席もこのタイミングで決めます。すべて済んだら、確認ボタンをポチッ。

おぉ〜〜!搭乗券が発行されました!ちゃんと予約できていたみたいです。これで大阪〜福島間を格安に飛行機(しかもANA)で移動できることが証明されました。

もっとお得に!マイルを貯めよう

ただでさえ格安な航空券ですが、さらにマイルも貯めることができるので、もっとお得に空の旅を楽しむことができます!LCCではマイルが貯まらないので、ANAを使うメリットがここにもあります。

ただ、ANAのサイトから予約したわけではないので、購入時に貯まるわけではありません。実は先程、自動発券機で搭乗券を発券するのがオススメといった理由の一つがコレ!窓口で搭乗券を発券しただけではマイルがつかないんです!格安航空券はマイルが貯めれないと勝手に思い込んでいたので、私は何回か損をしてしまいました…。

やり方は簡単。自動発券機で搭乗者情報を入れ終わった後に、マイルを貯めるためのカードの提示か、会員番号を求められるのでそこで処理するだけです(ANAマイレージクラブの会員で無い方は事前に登録をしておいてください)。検査場を通過した時にもらえる検査証に「マイレージ:受付済」となっていれば、きちんと貯めれたことが確認できますよ(写真は別の搭乗日に撮影したもの)。

窓口で発券してしまった!という方もご安心を。二度手間にはなりますが、その後に自動発券機で処理をすればちゃんとマイルを貯めることができます。

ちなみに自動発券機をオススメするもう一つの理由は、単純に窓口が混むから笑。特に繁忙期の伊丹空港は大変混み合うので、発券とマイル登録が一回で済む自動発券機を積極的に利用しましょう。

移動時間はたったの1時間!

いざ、福島に向けて出発!進行方向に対して右側の席に座ると富士山が見えますよ。福島→大阪はその逆です。

そして飛行機には金額だけではないメリットがもう一つ。それは移動時間の短さです。大阪〜福島間の飛行時間はなんとたったの1時間!空港までの移動や搭乗手続きの手間はありますが、新幹線で行く場合と比較すると、移動時間は約4時間30分(新大阪→東京→郡山)なので費用でも時間の面でも圧倒的に飛行機がオススメです。

福島(郡山)から足を伸ばし、会津へ向かう方は以下の記事を参考にしてください。

いい事尽くめの格安航空券。でも…

ここまで、大阪〜福島間を格安航空券でお得に、かつ便利に行く方法をお伝えしました。でも、本当に大丈夫なの??と思われている方もいると思います。

確かに、いろいろと調べてみると「キャンセルしたのに払い戻しがされなかった!」「問い合わせの回答が全て英語でわからない!」といった評判がちらほらあるようです。

Skyscannerはあくまでも航空券比較サイトなので特に問題はなさそうですが、トラブルが起こっているのはその先の販売サイトのようです。たしかに格安航空券を販売しているサイトのほとんどが海外のものなのでいまいち信用出来ないですよね。

ただ、トラブルが起こっているのは大体が海外旅行で、しかも複雑なトランジットをしている場合や、急なキャンセルの場合など。問い合わせが英語でわからない、というのは予約をした時点で予想できそうですし、大手の航空会社(海外やLCC)でも、問い合わせは英語なんてのはザラです。

個人的な意見ですが、大阪〜福島のような国内線で直行便、しかも航空会社は天下のANAですのでトラブルはそうは起きないと思います。どうしても不安な方は、予約が完了した時点でANAのサイト、もしくは電話で確認することをオススメします。

筆者はこの方法で5回くらい利用していますが、今の所トラブルは一切ありません。航空券の性質上、間違いなく早期割が適用されているはずなので、キャンセルする場合は一定の費用がかかってしまうのも当然だと思います。どうしてもキャンセルせざるを得ないときは、もともと格安だし、返金はされないだろうくらいの気持ちでいます。

【最後に】そもそもなぜこんなに安いの?

「いくら早期割が適用されているからって、安すぎない?」という声が聞こえてきそう。筆者もそう思います。からくりとしては、予約販売の開始直後(約1年先の分)の航空券を、代理店が団体扱いでまとめて購入し、それを各個人に切り売りするような形で販売するから費用を抑えられるのだとか。航空会社も空席になるくらいなら…という思いもあるようで、ある一定の座席をまとめて格安で販売しているようです。

…にしても安い!と思ってしまいますよね。私も100%納得はできなかったですが、事実、安いのでOKとします。以上、大阪〜福島を飛行機で格安に、しかもANAで行く方法でした。この機会にぜひ、福島を訪れてみてください。

スカイスキャナー