会津の行列店へ行く-その2 大内宿「三澤屋」の高遠そば

大内宿の名物グルメといえば、ネギ1本がまるごと入った高遠そば。ネギを箸の代わりにし、薬味感覚で少しずつかじりながらお蕎麦をいただきます。今回は、大内宿の中で一番の行列店「三澤屋」さんへ行ってきました。

お盆の時期で、待ち時間は約2時間….。

三澤屋さんは、大内宿の入り口から歩いてすぐ、4軒ほど過ぎたあたりの右側に見えてきます。大きな茅葺屋根が特徴的な建物で、庭もきれいに手入れされており、とても風情があります。

さすがテレビや雑誌で取り上げられている有名店。12時前に到着しましたが、もちろんすでに満席。告げられた待ち時間はなんと2時間…。お盆の時期だったのである程度は覚悟していましたがちょっと想像以上でした。でもご安心を。番号札制なので、待っている間に周りを散策することができます。大体、みなさんはそうされているみたいですね。まずは大内宿を観光しましょう。

●まるで江戸時代! 人里離れた山間部にある宿場町「大内宿」
https://dabeshita.net/2018/08/28/oouchijuku_summer/

ようやく店内へ。囲炉裏が印象的

約2時間後、ようやく店内へ入ることができました。畳の部屋の各テーブルごとに囲炉裏があり、とても広い造りになっています。観光で歩き回ったあと、靴を脱いで広々と座れるのはとてもありがたいです。

壁一面には、そばちょこがびっしり!!おしゃれですね。

もちろん高遠そばを注文。天ぷらをセットに。

注文を済ませると、お漬物とじゃがいもの煮付けが出てきました。これは嬉しいサービスですね。季節によって内容は変わると思います。写真は4人分で、みんなで回しながらいただきました。

そばと天ぷらが到着。ほんとにネギがまるまる1本入っています。ネギは先が少し曲がっていて、このそばのためにわざと曲がったそばを栽培しているのだとか。スーパーでよく見かけるネギよりは少しこぶりな感じがしました。

天ぷらも山菜のこしあぶら、にんじん、かぼちゃなど地元の野菜がふんだんに使われています。

・高遠そば(1200円)

・天ぷら(800円)※すべて税抜き

そばと天ぷらをセットにすると100円引きになります。

早速ネギを箸にしていただきます。

 

……..ちょっと食べづらいかな。。。

もちろん箸もあるのでお好きなように召し上がってください。コシの強いそばにさっぱりとした大根おろし、揚げたてのサクサク天ぷらがとてもよく合います。

途中でネギを少しガブリ。大きくかじりすぎたのか、口の中がネギの風味でいっぱいになりました。かじりつくのは様子をみながらちょっとずつの方が良さそうです。

高遠そばとは、実は信州名物。信州高遠藩で育ったお殿様が会津藩主になったことで広まったそばです。そばつゆには、お水ではなく大根をすりおろしたときにでる汁を使っているそうです。

出た! 会津名物(迷物?)◯◯◯◯の天ぷら!

最後に残った、しいたけ?の天ぷらをパクっ。

 

と、思ったら中からなんとあんこが!!!これぞ会津名物、まんじゅうの天ぷらです。サクサクの衣の中に、ほかほかのまんじゅう。最後の締めにはちょっときつい!!おいしいですが、別々に食べたかったかな。

そば湯をつゆに溶かし、まんじゅうと一緒に流し込みました。

デザートには、ぜひ柿シャーベットを

地元名産の身不知(みしらず)柿を使った柿シャーベット。シャリシャリの甘い柿とソフトクリームが見事にマッチしています。夏の時期に来るならぜひいただきたい一品です。

こちらは400円(税抜き)。

ごちそうさまでした。

三澤屋さんへのアクセス

大内宿の専用駐車場に車を停めてお越しください。

住所:福島県南会津郡下郷町大内山本26-1
電話:0241-68-2927
営業時間:午前10時~午後4時30分
定休日 : 無休(1月4日~1月7日は休業)