会津の絶景カフェで大自然を満喫!ランチや休憩にオススメ5選

自然豊かな会津には、都会の喧騒を忘れさせてくれる雄大な自然があります。そんな景色を眺めながらカフェでホッと一息ついてみませんか?オシャレなだけのカフェなら都会にもありますが、せっかくなら会津の絶景を眺めながらカフェでゆっくり時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

会津磐梯山を一望!ペットOK!「den・en cafe(田園カフェ)

最初にご紹介するのは磐梯山の麓、猪苗代町にある「den・en cafe(田園カフェ)」です。国道49号線沿いにあり、田んぼの目の前にポツンと建っています。昔は別のお店(旧cafe K)でした。

木を基調とした、ロッジのような雰囲気のお店です。テラス席から見えるのは磐梯山を背景に広大な田んぼが広がる壮大な景色です。

今回は窯焼きピザのランチ(1,200円)を注文しました。季節のスープとサラダがセットになっています。コースターが磐梯山の形をしていて面白いですね笑。他にもハンバーグやパスタランチもありました。

den・en cafeはペットOKです!(1階のテラス席のみ)立地も良いので、会津観光の道中(or 帰り)に是非お立ち寄りください。

den・en cafe(田園カフェ)
〒969-3284 福島県耶麻郡猪苗代町三ツ和家北500-3
【電話番号】0242-93-8860
【営業時間】[平日]11:30〜18:00(L.O.17:30)  [土日祝]11:00〜18:00(L.O17:30)
【定休日】火曜日
【駐車場】10台ほど
【公式アカウント】https://www.instagram.com/den_en_cafe/

小川のせせらぎを聞きながら森林浴「En cafe(エンカフェ)

次は、避暑地として人気のエリア・裏磐梯にある「En cafe(エンカフェ)」です。五色沼湖沼群のひとつ・桧原湖近くの森の中のさらに階段を下ったところにあり、隠れ家のような佇まいです。

先に注文を済ませてから店内へ案内されます。テーブル席とお座敷の席があり、今回はお座敷席にしました。

ガラス張りの窓…と思ったらフルオープンでした!目の前には木々のせせらぎと、小川の流れる音が聞こえます。この日は暑く、日中は30度近くあったのですが、標高が高いところにあり、とても心地よい風が吹いていて少し肌寒く感じるくらいでした。

私たちが注文したのは桃を使ったスウィートピザ(お値段は忘れました…。たしか1,000円くらい)。ハートの形をしています。インスタ映え間違いなし。桃やアイスももちろん美味しいのですが、生地がとっても美味しかったです。他にもいろんな種類のピザをいただけます。

ピザがメインのお店ですが、シフォンケーキや日替わりスウィートプレートなんかもいただけます。雪室珈琲という、天然の雪でゆっくりと寝かせたコーヒーをいただきました。

En cafe(エンカフェ)
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字檜原曽原山1095-60
【電話番号】0241-23-5552
【営業時間】10:00~16:00
【定休日】火曜日、水曜日、木曜日(冬季休業)
【駐車場】あり(共同駐車場)
【公式アカウント】https://www.facebook.com/encafe.pizza

会津がフランスに?ぶどう畑が広がる「Hattando(ハッタンドウ)

本郷焼など焼き物の町として知られている会津美里町の小高い丘を上ったところに、黄色い建物が目印のカフェ「Hattando(ハッタンドウ)」があります。フランス料理屋さんみたいな外観ですね。

大きな窓がたくさんついていて、とても明るい雰囲気のお店です。ターコイズブルー窓から見える景色が美しいですね。

このお店の素晴らしいところはこのテラス席。小高いところにあるので、会津盆地を一望できます。目の前にはぶどう畑が。なぜ?と思うかもしれませんが会津美里町はぶどうの栽培に適した気候なのだとか。本当にフランスに来たみたいです。

オムライスのランチセット(980円/サラダ・ドリンク付き)を注文しました。地元の農業高校で採れた卵を使っているとのこと。ふわふわ卵がうまうまです。他にもカツカレーやパスタ、デザートセットなんかもありましたよ。

お立ち寄りの際はぜひ近くのワイナリーへ

「Hattando」のすぐ近くに、2019年にオープンしたばかりの「新鶴ワイナリー」があります。ワインの試飲や販売だけでなく、近々併設されたレストランもオープン予定。会津美里町にお越しの際はぜひ一度訪れてみてください。

Hattando(ハッタンドウ)
〒969-6405 福島県大沼郡会津美里町米田吹上下甲505
【電話番号】070-6624-6340
【営業時間】11:00~17:00(L.O.16:30)  ※連絡があれば夜も営業
【定休日】木曜日
【駐車場】あり

猪苗代湖畔の別荘のような人気店「TARO CAFE(タロカフェ)

会津の絶景カフェを語る上で外せないのが猪苗代町にある「TARO CAFE(タロカフェ)」。猪苗代湖畔にあるオシャレなカフェで、平日でも混むことがあるほどの超人気店です。国道49号線沿いにあり、高速のインターから近いということもあって多くの観光客が訪れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masahiro USUIさん(@creamcheese0704)がシェアした投稿

人気の秘訣はやっぱりこの景色。猪苗代湖を一望できる圧巻のロケーションです。店内の雰囲気は、オーナーがハワイに住んでいたこともあってか、少しハワイアンな印象を受けます。

コーヒーとケーキを提供する小さなお店で、どれをいただいてもとても美味しいですが、特にチーズケーキが絶品!レアもベイクドもどちらも濃厚な味わいです。ケーキの種類も豊富なので、みんなでいろんなメニューをシェアしてみてはいかがでしょう。

TARO CAFE(タロカフェ)
〒969-3132 福島県耶麻郡猪苗代町堅田入江704-3
【電話番号】0242-62-2371
【営業時間】11:00~17:00(L.O.16:00)
【定休日】水曜日
【駐車場】あり
【ホームページ】http://taro-cafe.com/

霧が立ち込める秘湯に併設「つるのIORIカフェ

奥会津への玄関口・三島町には、幻想的な風景を見せてくれる場所に「つるのIORIカフェ」があります。所ジョージさんの番組で紹介された秘境駅「早戸駅」のすぐ近くにあります。

木の温もりを感じる店内。暖炉もおいてあったりして、山小屋のようなつくりになっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ⒸⒽⒺⓇⓇⒾⒺさん(@cherrie9818)がシェアした投稿

ここではカフェメニューのほか、ガレット(600円)や三島の名産・桐の炭を使った桐炭パスタ(550円)などをいただくことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taichi Muraseさん(@taichimurase)がシェアした投稿

つるのIORIカフェは、「霧幻峡」として近年注目を集めている場所にあります。目の前を流れる只見川に霧が立ち込める様子はまさに絶景!タイミングがよければこの景色に出会うことができるかも!?隣には秘湯「早戸温泉」がありますのでぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょう。

つるのIORIカフェ
〒969-7406 福島県大沼郡三島町大字早戸湯ノ平888
【電話番号】0241-42-7355
【営業時間】12:00~18:30
【定休日】木曜日・金曜日
【駐車場】あり

以上、筆者がオススメする会津の絶景カフェでした!随時更新していきます。