【布引風の高原】日本最大級の風力発電所に咲き誇るひまわり畑

布引風(ぬのびきかぜ)の高原は会津と中通りの境目、猪苗代湖の南に位置する標高約1,000mの高原です。日本最大級の33基の風車を囲むように、春は菜の花、夏はヒマワリ、秋はコスモスが咲き乱れます。

花の見頃は、【5月上旬〜6月上旬】菜の花 【8月中旬〜9月上旬】ヒマワリ【8月下旬〜10月中旬】コスモス

今回は8月のお盆の時期にいったので五分咲きといったところでしょうか。それでも場所によってはしっかりと花が咲いていて、風車を背景にみなさんが写真撮影をしていました。

2018年8月26日(日)には布引風の高原まつりが開催されます。ウォークラリーや大根の収穫体験、動物との触れ合いなど様々なイベントが行われます。

展望台からは猪苗代湖が一望

遊歩道を歩いていくと展望台への入り口があります。近くに駐車場もあるので、入り口まで車で来ることもできます。

展望台への入り口。熊出没注意の看板が3つも….。みなさん気にせずに歩いていましたが不安な方は熊よけの鈴はあったほうがいいかもしれません。

5分ほど坂道を歩くと展望台が見えてきます。

展望台の上からの景色。展望台を囲むように33基の風車があります(数えたらちゃんと33基ありました)。やはり上に登ると風が強いですね。ちょっとこの日は曇っていましたが、奥の方に猪苗代湖が見えます。

布引風の高原へのアクセス

8月下旬が見頃のひまわり畑。くねくねの山道を行きますのでお気をつけてお越しください。

無料駐車場:約100台